蔵王連峰の最高の展望台 番城山
(ばんじょうさん) 1323m



ライザリフト終点から少し登った所からの番城山



南から低気圧が近づいて来る時、良く滝のような雲がかかる山があります。
地図を見て名前は知っていました。
でも登山道がないので山のガイドブックには載っていません。
坊平高原に住んでいて、いつも目にとまる気になる山でした。
その山が山スキーで行ける事を知ったのは最近の事でした。
蔵王連峰の最高の展望台、上山が登山口・・・これは行くしかありません。
H14.2.4(月) お客さんなし、除雪なし、移動性高気圧・・・チャンス到来!



タイム
〔萱平〕8:30〜〔県境尾根〕10:50〜〔1120mピーク〕11:30/12:00
〜〔番城山〕13:20/13:50〜見境尾14:45〜〔萱平〕15:40

除雪は萱平のはずれで終わっていました( 道はこの先、舟引山の中腹を通る舟引林道となる)。
杉林のそばに車を止めて支度をする。
杉林に入ると切り開きになっていて、なんとなく林道のようです。
この道らしき所を伝っていくとやがて右手の斜面を登って行くようになります。
5万分の1の地図にある点線の道のようです。
杉林のつづら折りを30分も登ると檜や雑木も見られるようになりました。
所々倒木や雪の重みでしなった木が道をふさいでいて迂回しながら行きます。
移動性高気圧の予報でしたがどんよりしています。
でも稜線に出るころにはこの雲も晴れるはず。
この道は適度な勾配で県境尾根まで続いていました。





二ツ森山

県境尾根に出た所から少し西に行った地点より写す。


標高1000mの県境尾根は平らで気持ちの良い所です。
左手には二ツ森山が堂々と立っていました。
番城山はここからはまだ見えません。
まずは番城山手前のピーク1120mへ。
手前の沢を避けて右側から廻り込んでブナ林を登って行きます。





1120mのピークで早めの昼食を取っていたら雲が晴れてきました。
この目前のピークの奥に番城山があります。
直登はきついので沢を挟んだ左側の緩やかな尾根を登って行きます。





ブナと枝に付いた雪がなんとも美しい。
左手には南蔵王連峰が間近に見え、蔵王稜線付近を隠していた雲も見る間に消えていきました。
この先でルートは右に廻り込む。





廻り込むと宮城県側の七ヶ宿スキー場や七ヶ宿ダムが見え、遠くには吾妻、飯豊が見えました。
まさに稜線漫歩。

後方は屏風岳、南屏風岳、不忘山。





番城山は明るく円やかな頂きでした。
朝日、月山も見え360度の展望ですが、なんと言っても蔵王の展望が素晴らしい!





左から熊野岳、刈田岳、前山、杉ヶ峰、屏風岳、南屏風岳


左端し中央がライザスキー場&我が坊平高原


思う存分景色を満喫したら下山です。
下山は頂上直下の急斜面を下りましたが、続けて長く滑れないので登って来た道を辿った方がほどほどに快適だったかもしれません。
県境尾根から下は日陰の為表面がクラストし始めた雪と、垂れ下がっている枝に気を付けながら滑り下りました。



帰路に見た番城山。
左の小山が1120mピーク。
裏側から巻くようにして山頂に立ちました。

大満足の一日でした。




  蔵王南部県境尾根(番城山へのもう一つのルート)
    古屋敷〜番城山



            



ふ ろ く


ライザスキー場の少し上付近からの番城山


県境尾根からの蔵王 (H16.3.16)

登って来た萱平からの道は昔有料道路だったそうで、この県境尾根まで車で入れたのだそうです。
この付近はとても良い笹竹が採れるとかで、有料道路代は入山料だったのでしょうか?


番城山山頂には屋根だけの小屋みたいなのがありました。
床=地面で、車座になって4〜5人くらいの広さでした。
中には登頂した人の名前と年齢が書いてある比較的新しい布が吊るしてありました。
小屋掛けしてあるという事は、冬期以外に登っている人がいるのですね。
無雪期は登山道もなく背丈を越える熊笹が生い茂っているようですので、早春又は初冬に雪の上を伝って登っているのかもしれません。




坊平からの番城山   県境尾根から雲が溢れ始めた所です。



HOME