蔵王南部県境尾根  蔵王ライザスキー場〜舟引山〜二ツ森山

                                 
 番城山へのもう一つのルート


番城山に続くこの尾根は、最上川水系、阿武隈川水系を分ける中央分水嶺でもあります。


コースタイム H17年3月22日 曇り
ライザリフトペア2降り場9:00〜滑り出し地点9:10〜舟引峠10:00-10:10〜フスベ分岐10:50〜休憩15分〜二つ森山11:50-12:00〜萱平分岐12:30〜萱平13:15



ライザスキー場ペア2リフトを下り、冬期閉鎖のエコーラインを下ります。
2つ目の右カーブから南へ入った所が滑り出し地点。
これから滑っていく尾根が遠くまで眺められます。
まずは横川堰に向かって、このコース一番の快適な斜面を滑って行きます。
下部で潅木が少々うるさくなった所を越すと横川堰。
横川堰は、宮城県横川上流の沢から山形県の上山へ引いている水路です。
先人が長い年月を費やして完成させた農業用水路です。




雪が少ない時は堰が出ていて、左(東)に迂回し隧道になっている所を渡るようですが、今年はすべて雪の下、さすがに堰の気配もありません。
そのまま林道に入りシールを付けて歩いて行きます。
休日にはスノーモービルが、舟引林道からこの林道を通ってエコーラインまで入っているようです。
ライザスキー場上部から刈田岳周辺はスノーモービル禁止となっています。
(ライザスキー場内は許可されたスノーモービルのみ)

尚、刈田岳から熊野岳に至る稜線では、避難小屋管理の為に宮城県のスノーモービルが走っている事があります。





私達は途中で舟引峠まで続く林道から離れ、尾根を辿りました。舟引山の小さなピークを越えて舟引峠に向かって滑り下ります。

舟引き林道は山形県上山市萱平から宮城県の横川に抜ける林道で、山形県側は南蔵王林道(8km)、宮城県側は不忘山林道(14km)と言います。
無雪期の車での通り抜けは
宮城県側が悪路の為できないと考えた方が良いでしょう。
舟引峠



二つ森山の登り付近から歩いて来た方向を振り返って見る

舟引峠からは再び尾根を辿りました(地図にある林道を辿っている人もいるようです)。
小さなアップダウンを繰り返しながら歩いて行きます。
フスベ山への分岐点は雪庇が張り出していました。



二つ森山へ向かって 二つ森山への登り



二つ森山からの番城山と萱平分岐



萱平分岐

番城山には、つきあたりの峠を左に巻いて行きます。
萱平へは右手、林道は北向きの為雪面がクラストしています。
垂れ下がった枝を避けたり倒木を跨いだりしながらボーゲンぽく滑っていきます。
いいかげん大腿部が痛くなった頃、萱平到着です。




このコースは滑り始めと二つ森山の下り以外はシールをつけてのアップダウンです。
お天気が良く、雪が締まっていれば快適な尾根歩きとして楽しめます。
番城山まで足を延ばす時は、リフトを待たないで早めに出発した方が良さそうです。



HOME